Toronto
Feb, 2015
City Population : 2,615,060
City Area : 630km²
Urban Population : 5,583,064
Urban Area : 7,125km²
Districts/Wards : 140 Neighborhodds, 6 Districts
Nicknames : -
Flag:
Emblem/Symbol:

Why Toronto??

近い友達にも案外知られていないのが、わたくしコミンズリオ、実は大のNBAオタクであるということ。アメリカオレゴン州のポートランドで生まれ育つと、プロスポーツチームがバスケのポートランド・トレイルブレイザーズしかないため、スポーツ好きの人は自然とNBAファンになっていく。しかも自分の場合、高校までバスケをやっていたため(もちろん当時はNBAを本気で目指してた。はぁ...。)、のめり込みようがすごかった。

そんな中、普段どこから最新のNBAの情報を集めているかというと、老舗NBA掲示板「RealGM」である。この掲示板には多くの有識なユーザーがあつまり、日々、NBAやバスケットボール全般に対して熱い議論を交わしている。自分はロム専なのだが、毎日このRealGMをチェックし、NBAについての時事を確認し、知識を増やしている。

しかし、RealGmのような質の担保を怠らないレベルの高い掲示板でも、たまに全く関係ない議論が繰り広げられる。その代表格の一つが、「NBAチームがある都市で、一番住みたいのはどこ?」というもの。これはNBA関連のニュースが減るオフシーズンに毎年一回ほど立つスレッドで、毎回多くの議論をよぶ。もちろんみな、自分の故郷や現在の定住地を押すのだが、その中でもトロントがすごい。カナダにはNBAチームが一つしかないので(トロント・ラプターズ)、カナダ中のユーザーがいかにトロントが素晴らしい都市かを謳うのである。

トロントは世界有数の国際都市で、様々な人種の人々が行き交い、ゆえにカルチャーが豊富で、治安も良く、美味しいごはんが食べれるところがたくさんあり、さらに美女も多い。まるで地上の楽園かのように祭り上げられるトロントについて、いつも「ほんとか?」と半信半疑で読んでいた自分だが、トロント市民とカナダ人の空前のゴリ押しが自分の興味を引きつけたのは事実だ。そこからある集まりで、トロント出身の、フランスとベトナムの血を持つ(!)、大変な美貌の(!!)、女性に会ったのも大きい。(RealGMのみんな、ほんとだったよ!!笑)

”World in Twelve”では、アメリカに対するカナダのポジションというのも視野に入れて、さらにRealGMのカナダ人ユーザーの言葉を信じて、トロントの全貌を明らかにしていきたい。